株式会社第一リフォーム

大規模修繕工事の流れ

防水工事

防水工事は、建物に水が浸入しないようにするために行います。
屋上、バルコニー、ベランダ、共用廊下、階段などあらゆる箇所に施工されています。
大規模修繕工事の場合、既存の防水の状態から選択される防水工事の種類や施工方法は変わります。
現場をよく確認調査した上で、どのような防水工法にするかを選びます。

シート防水

シート防水は一般的に塩ビ(塩化ビニル)製のシートを現地で張り合わせて防水層にします。工場で生産された防水層であるため、品質が安定していますが、張り合わせの末端処理に気を遣う必要があります。複合工法と言って、ウレタン塗膜防水とセットで施工する方法もあります。

ロンシール シート防水

認定組合員だからできる
最長15年保証のシート防水

第一リフォームは実績と信頼を誇るシート防水のパイオニア、ロンシールのシート防水を取り扱う「ロンプルーフ防水事業協同組合の認定組合員。
だからシート防水システム最長15年保証を実現できます。

ロンプルーフシート防水の特徴
  • 01.「ロンシール工業株式会社」、「ロンプルーフ防水事業協同組合員」
    連盟による協同保証システム

    ロンプルーフシート防水の特徴
  • 02.建物のライフサイクルコストを低減し、資産価値を高めます。

    ロンプルーフシート防水の特徴
  • 03.すぐれた遮熱性能により、建物にも地球環境にもやさしい。

    ロンプルーフシート防水の特徴
  • 03.信頼と実績のある資材による専用工法。

    ロンプルーフシート防水の特徴

ウレタン防水工事

ウレタン塗膜防水といい、液体を現地で塗布することで防水層を形成します。塗膜層ができるため、継ぎ目のないシームレスな防水層となることが特徴ですが、施工のやり方によってムラができることがあったり、硬化不良などの問題が起きることも。技術が確かな施工会社に依頼することが大切です。

エバーコートZero-1H ウレタン防水

環境にやさしい
特定化学物質無配合のウレタン防水

環境にやさしい材料は人にもやさしい。
第一リフォームはお客様最優先に考え、特定化学物質無配合のウレタン防水を採用しています。

エバーコートZero-1Hの特徴
  • 01.世界基準の環境対応

    • 特定化学物質無配合、TXフリー、鉛・DOPフリー
    • F☆☆☆☆取得
    • シックハウスを引き起こす物質を含みません。
    • 産業廃棄物の発生抑制 ラミネート缶採用でリサイクル可能
    • 使用缶数の削減
    エバーコートZero-1Hの特徴
  • 02.塗膜性能アップと塗膜品質の確保

    • 従来のウレタン防水材の性能に比べ、高物性、高耐候、高耐久
    • 2成分形ウレタンで起こる配合ミス、撹拌不良による硬化不良や物性未発現がなく、常に一定の塗膜品質を確保
    エバーコートZero-1Hの特徴
  • 03.施工効率が向上、工期短縮も

    • 混合撹拌の必要がなく、すぐに塗布施工できます。
    • 撹拌、小分けの必要性がないため、小面積の施工、ベランダ、側溝、巾木等の施工がスムーズに
    • 硬化促進剤の添加により、速硬化、厚塗りが可能です。
    • また、冬期の翌日施工が可能になります。
    エバーコートZero-1Hの特徴
ページトップ