施工の流れ
FLOW

ホーム > 施工の流れ

大規模修繕工事
施工の流れ

第一リフォーム大規模修繕
施工の流れ

大規模修繕工事は建物全体にわたり様々な箇所を修繕、改修する工事です。実際にどんな工事が行われるのかご紹介します。

施工の流れ
  • 01

    仮設工事

    工事をする作業のために建物の廻りに足場を組み立てます。
    日当たりが悪くなったり、外を作業員が通ることになりますが工事中も安心して生活していただけるような対策をします。

    施工の流れ
  • 02

    調査診断・試験施工

    傷みの箇所や状態を詳しく調査した上で、仕上がり状態の認識を確認するため試験施工を行います。

    施工の流れ
  • 03

    躯体補修・外壁改修工事

    ひび割れや浮き、はがれなど劣化した部分を補修して、剥落事故などを予防し、外壁の美観を保つ工事です。

    施工の流れ
  • 04

    シーリング工事

    サッシ、ドア枠などと壁の隙間を埋めるシーリング工事は劣化すると雨漏りの原因になります。

    施工の流れ
  • 05

    高圧洗浄工事

    仕上げ工事の前に洗浄を行います。

    施工の流れ
  • 06

    塗装工事

    鉄のドアや手すり、壁など塗装することによって、劣化を防ぐとともに、美しく保ちます。

    施工の流れ
  • 07

    防水工事

    屋上、ベランダ、庇、開放廊下など、雨から建物を守るために必要な工事です。

    施工の流れ
  • 08

    建築改修工事

    植栽、外灯、自転車置き場など、見逃しがちな場所も年月とともに傷んでいます。

    施工の流れ

詳しい工事内容は「事業紹介」ページへ