スタッフブログ

スタッフブログ
BLOG

ホーム > スタッフブログ > 大規模修繕工事 > 【大規模修繕】ガーデン氷川台ハイム現場レポ④✨

ブログ

【大規模修繕】ガーデン氷川台ハイム現場レポ④✨

  • 大規模修繕工事
  • 現場レポート

こんにちは😄

ガーデン氷川台ハイム 大規模修繕工事の現場レポート第4弾です。

大規模修繕工事40日目

本日は引き続き「躯体補修工事」の様子をお届けしたいと思います。


躯体補修工事

躯体補修工事とは主に建物の外壁補修のこと。
ガーデン氷川台ハイムの大規模修繕ではタイル面・吹付タイル面の補修を行います。


タイル貼付け
斫り作業によってタイルが剥がされた箇所に、一枚一枚、手作業でタイルを貼り付けていきます。
このような材料や道具を使ってタイルを貼り付けていきます。

ちなみに、タイルには目地割り(めじわり)というものがあり、建物によって目地割りの種類が異なります。

代表的なのは芋目地と馬目地というもの。
ガーデン氷川台ハイムは馬目地なので、補修する時も同じように貼り付けていきます。




まずは、タイルが斫られた箇所に霧吹きで水を吹きかけます。

水を吹きかけることで、付着しているホコリやゴミを取り除き、セメントの接着の馴染みをよくする効果があります。霧吹きでもホコリやゴミが取れないときは刷毛を使って汚れを払います。

次に、下地の部分に貼り付け用セメントを塗っていきます。

次に、鏝(こて)でセメントを平らに整えます。
平らにすることで、タイルを貼った時にデコボコのない真っすぐキレイな仕上がりになります。

セメントが平らに整ったら、タイルを貼り付けていきます。
密着しやすいようタイルの裏にもセメントが塗ってあります。

一枚一枚、目地の間隔を調整しながらタイルを貼っていきます。

コーナーの部分はタイルが落下しないよう特に注意して貼り付けます。
木の柄などでタイルを叩いてしっかり密着させます。

こうして、1日作業をし続け、300枚程を貼り付けるそうです。

補修箇所が集中しているか、点在しているかなど、現場によっても1日で貼れる枚数は大きく変わるんだとか。

職人さんの技術なくしてはできない大変な作業ですね!

取材のご協力ありがとうございました!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

今回は躯体補修工事のタイル貼りをお届けしました✍
次回レポートでは躯体洗浄や塗装の様子をお届けしたいと思います!お楽しみに!😺✨