株式会社第一リフォーム

大規模修繕工事の流れ

外壁改修工事

外壁は建物の見た目を左右するだけでなく、雨や風の建物への侵入を防いでくれる大切な役割があります。また劣化した外壁が落下する事故を防ぐためにも定期的な調査と、改修工事が必要となります。大規模修繕工事では外壁全体をしっかりチェックし、美しい外観と安全な生活を守ります。

外壁剥落防止工法

ボンドカーボピンネット 外壁改修工法

面で固定して外壁剥落を防止する
外壁リニューアル工法

壁面全体を繊維ネットと炭素繊維配合ポリマーセメント材で補強・一体化し、さらにステンレスアンカーピンでコンクリート躯体に固定することにより、将来に渡って仕上材のはく落を防止するとともに新規仕上げに最適な下地を提供する外壁リニューアルシステムです。

ボンドカーボピンネット工法の特長
  • 01.新規仕上げとしてタイル貼りも可能

    新規仕上げに塗装はもちろん、タイル張りも可能としました。

    ボンドカーボピンネット工法の特長
  • 02.強靭な繊維ネットを使用

    縦・横・斜めの応力に対応する三軸ネットを採用。耐アルカリ性を有し、補強効果が大きく、施工性に優れます。
    適度な伸びで変形に追従、剥落防止効果に優れます。

    ボンドカーボピンネット工法の特長
  • 03.ステンレスアンカーピンで固定

    ステンレス製で耐久性に優れ、ワッシャー付により、ネット及び既存仕上材を強固に固定します。

    ボンドカーボピンネット工法の特長

タイル剥落補修工法

プレスダウングラウト工法 タイル外壁補修

タイル張り仕上げ外壁の浮きを
金属フレームを使って補修

プレスダウングラウト工法は50二丁直張りタイルの仕上げ浮き専用の補修工法です。
金属フレームで押さえるので、仕上げ厚みの薄い浮きに対する注入が可能に。

プレスダウングラウト工法の優位性
  • 01.水との反応で固結する薬液

    金属フレームで押さえて注入することで、注入によるはらみを防止、1つの注入孔からより広い範囲に注入材を広げることが可能になりました。
    部分補修が可能なため、外壁の意匠を損ねません

    プレスダウングラウト工法の優位性
  • 02.タイル張替えで意匠を損なった事例

    新築時に保管をしておいたタイルは、10年以上風雨に晒されていたタイルとは風合いが合いません。
    色合わせして新規に焼いたタイルも同様です。

    プレスダウングラウト工法の優位性
  • 03.無理に注入した事例

    仕上げ厚みが薄い50二丁タイル直張り仕上げでは、注入圧により、タイル剥離や目地破壊が生じます。

    プレスダウングラウト工法の優位性
ページトップ